今週のコーディネイト【海にも行ける? 見た目スッキリな防寒カジュアル】

本日02月04日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

年が明けて、もうひと月。なんだかバタバタしている間に、カレンダーが一枚めくられました。
今日は立春、暦の上ではもう春、ということになります。
ただこの「春」という字、元々は「始まりの季節」といった意味合いがあったため、年の始まりも意味します。今でも「新春」などと言いますよね。
春と言っても言葉だけで、まだまだ寒い時期は続くことになります。
特に雪国では、積もる雪に今まで以上に追われる年も。
雪掻き等たいへんな作業が続くと思いますが、ケガ等しないようどうぞお気を付けください。

そして今週のコーディネイト。
季節外れを承知で、「晴れた日の砂浜や埠頭に行って、海を眺められるコーディネイト」という方向でチョイスしてみました。

ひとつ目は、そうは見えないけれどしっかり重ね着スタイル。
以前もご紹介した白のニットの中に、赤×青のネルのシャツを。どちらも暖かい素材で、冷たい空気を寄せ付けません。
そしてその上に、セットアップジャケットを。いわゆる厚手素材ではありませんが、目が細かいので風を防いでくれます。
この上にお手持ちの丈の長いコートを重ねても、もちろん大丈夫。厚ぼったくならず、しっかり防寒できます。

 

そしてふたつ目は、見た目が春か秋のような軽い組み合わせをチョイスしてみました。
ボーダーシャツは実はニットなので、見た目ほど寒くありません。
そして襟ぐりが割と開いたデザインなので、中にポロシャツやカッターシャツを着ることができます。
これだけでもだいぶ暖かいのですが、この上にレザーのライダージャケットを。
これでもう、海風を気にせず眺めていられます。

この時期は海に限らず冷たい風にさらされることも多いかと思いますが、「風を通さない」ことと「暖かい層を作る」ことを意識すると、着ぶくれしない見た目薄着が、暖かく着こなせます。
ぜひ試してみてください。

冒頭でも触れましたが、今日は立春。中華圏では昔この時期を新年としていたため、今でも盛大に祝います。
この頃はTVやネットで「春節」としてお祭りの様子を映すので、ご存知の方も多いかもしれませんね。
ちなみに立春の今日は中国では大晦日にあたり、明日の2月5日が「春節」なのだそう。
5日~7日は三が日と呼んでで祝日扱い、ただ実際には2月4日から一週間ほど日本の年末年始のようにお休みになり、みんな故郷へ帰省するのだそうです。
同じように漢字を使うだけあって、こういうところも似ているのですね。

今年はインフルエンザも猛威を振るっていて、まだまだ気が抜けません。
どうぞ体調を崩さぬよう、お気を付けください。
ではまた。

広告