今週のコーディネイト【脱モノトーン カラーコーディネイトで新スタイル】

本日12月25日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

今年も残すところ、10日を切ってしまいました。
私は先週、少し気温が上がってほっとしました。みなさん行事や準備が目白押しで、忙しさはピークだろうと思います。

行事と言えば22日は冬至でしたが、みなさまはゆず湯には入ってみたでしょうか?
この日はスーパー銭湯なども皆ゆず湯をやったようで、近くを歩くと湯気が香るところもありました。
古来この日にゆず湯に入ったあと南瓜を食べると、風邪をひかないのだといいます。
確かにゆず湯はとても温まりますし、南瓜は風邪予防に効くというビタミンCが豊富。
昔の人の知恵には、なるほどとうなずいてしまいます。

さて、今週のコーディネイト。
この時期どうしてもモノトーンに偏りがちなので、あえて色を使ったコーディネイトをしてみました。

  • 一つ目は、青系で固めたコーディネイト。
    ボトムは見慣れたジーンズですが、ネイビーにして青みをプラス。コートも濃いめの青で合わせてあります。
    ただ単純に青ばかりだと面白みがなくなってしまうので、ニットは白×紫というセレクトにしてみました。
    白は単色グラデーションのコーディネイトの中に入れても、浮くことのない万能選手。単調になりがちな同色コーディネイトを、さし色として締めてくれます。
    また青にこういう紫といった、少しだけ違う色を混ぜた取り合わせも、浮くことなくまとまってくれます。
    青と薄い青緑なども相性がいいので、ぜひ試してみてください。

     

    そしてふたつ目は、ちょっと使い方に迷うことが多い、赤紫にチャレンジ。
    単品で見ると、何と合わせたらいいか考えてしまいがちですが、この色は意外とモノトーンと合います。
    まず白に寄ったブリーチタイプのジーンズをボトムに持ってきて、明るさをプラス。
    その上でこういったモノトーン系のジャケットを上に羽織ると、黒の中に紫が、いい感じのさし色になってきます。
    平安の時代には「襲(かさね)」という、十二単をどんな色で重ねていくかを競っていたそうですが、今の時代でもこういう重ね技は有効です。
    クローゼットの中のものと、ぜひ組み合わせてみてください。意外な発見があると思います。昨日はクリスマスイブ、今日はクリスマス。
    ただクリスマスの由来であるイエス・キリストの誕生日は、実ははっきりしません。
    もともとこの日は、これから陽が長くなることを祝う、太陽の祭りだったそうです。
    そこへ「救世主は太陽である」という話が重なって、4世紀ごろにクリスマス=12月25日になったとのこと。
    ただ、寒さの本番はこれからです。
    慌ただしい時期ですが、片づけなければならない仕事だけでなく、体調にもどうぞお気を付けください。ではまた。

広告