今週のコーディネート【コートと重ね着の工夫】

朝晩めっきり冷えるようになって、コートが手放せない季節になってきました。
みなさんもコートや厚手の上着を出して、重ね着を工夫しているかと思います。
暦の上では11月の7日に既に立冬を迎えていますが、二十四節季では今はもうそれも過ぎて、すでに「小雪」という時期に入っているそうです。
そのせいか、文字通り北の国から、雪の便りが届くようになりました。
今年は暖冬だと気象庁は言っていますが、こればかりは過ぎてみないとわかりません。
いつかのように大雪で災害になったりせず、穏やかな冬になることを祈るばかりです。

そして今週のコーディネート。
寒さに負けないよう、ニットやパーカーといった厚手のものを選んだ上で、コートも組み合わせてみました。
そんなコンセプトで、まずコーディネートその一。

ストレートのパンツに、トライしやすい青のニットを合わせての、暖かコーデです。
トレーナーやパーカーに押されて街で見かける率が減ってきたニットですが、編み目の陰影のおかげで、やはり着ると味があります。

ストレートパンツはニットの青に負けないよう、黒を合わせてみました。
でもニットの青が冴えているおかげで、暗くなりすぎずに済んでいます。
これにさらに羽織るならチェスターコートが定番かなと思いますが、ミリタリーコートだとラフさが出て、颯爽とした感じで着こなせると思います。

そしてコーディネートその二。

こちらはボトムではちょっと珍しい、色がはっきりしているパープルのストレートパンツをセレクトしてみました。
逆にトップを白で引き締めて、コントラストと華やかさを演出。
あまりトライしない組み合わせかもしれませんが、カジュアルに仕上がります。

冬のファッションはどうしても、モノトーンや濃い色が多くなって、ダークに仕上がりがち。
それはそれでカッコいいのですが、これからクリスマスに向けて徐々に街も華やいでくるので、あえてそれに合わせたチョイスをしてみました。

こちらの組み合わせはチェスターコートを羽織ると、意外にシックにまとまります。
一方でミリタリーコートを合わせると、思いのほか軽やかな印象になって、カジュアルさがアップです。

今年も平成も、もう残すところあと1ヶ月。
あっという間に過ぎ去ってしまった1年に思いを巡らせながら、やり残しがないよう、忙しく走り回る日々になる方も多いかと思います。
もちろん私も、その一人なわけですが……。
風邪など引かないよう、どうぞ暖かコーデで乗り切ってくださいね。
ではまた!

広告