今週のコーディネイト【熱く燃えろ! ラフなコーデでW杯観戦】

本日10月15日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★
この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

カレンダーがめくられて、暦の上では秋の10月ですね。
ただそうは言っても日々の仕事等々はあるわけで、ここは気合を入れて頑張るしかありません。
なので今回は、見た目からもラフでタフな感じのコーデを目指してみました。

トップスは、SperanzaオリジナルのネックTシャツ。ネック部分に大胆にネイティブインディアンを思わせるプリントをした、他には見ないデザインです。ざっくりとラフに着ても、シンプルさが引き立ちます。薄手なので、暑い時期やインナーにも大活躍ですよ。
ボトムには、新入荷のデニムパンツをセレクト。伝統的なインディゴカラーでさりげなく主張してくれるので、相手を選びません。Tシャツ等をインした時には、ポケット部分のジッパーが印象的です。どうぞサイトでご確認ください。
そしてこれから涼しくなると活躍するのが、さらっと羽織れる長袖のシャツ類。今回はシックなカーキ系ストライプを選びました。シックな色をラフに着ると、着こなし上手に見えますよ。加えて羽織ってもよし、腰に巻いてもよし、誰かに貸してもよしと、何にでも使える万能選手です。

そして今回ご紹介したいのは、ワールドカップ。
と言っても、サッカーではありません。今月に日本で行われる、ラグビーの方です。
ラグビーと言えば2015年、前回のワールドカップでの記憶が新しいですね。けして強豪とは言えなかった日本チームが、優勝候補の南アフリカを破り、「W杯史上最も衝撃的な結果」、「スポーツ史上最大の番狂わせ」とまで言われました。

興味があるけど試合を見るほどじゃ……というかたには、「事前キャンプを見に行く」という方法があります。
ワールドカップに出場する各国のチームは当然日本各地に滞在するのですが、これが北は北海道から南は沖縄まで、数十か所にも及びます。
細かい日程は原則非公開なのですが、「いつからいつまでか」や「使用競技場」等は公開されているので、生の練習風景を見られる可能性があります。
お友達や彼女を誘って、おいしいものを食べついでに行ってみるのも、いいかもしれませんね。

ワールドカップ・公認チームキャンプ地情報

体調など崩さぬようどうぞお気を付けください。
ではまた。

広告

今週のコーディネイト【行楽シーズン! お弁当でGO】

本日10月7日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★
この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

秋たけなわ、いい季節になりました。
ベタベタした湿気も消えて、高く澄み渡った空と気持ちの良い風に、どこかへ出かけたくなります。
かといってそうそう何日も休めないので、どうしても気楽に近場に、となりますよね。
なので今回は、気楽にハイキングに行けそうなコーデを考えてみました。

トップにはSperanzaオリジナルでロゴが印象的な、Native Logo Tシャツをセレクト。白もいいのですが今回はあえてグレーにして、オシャレ感をアップしてみました。ふつうのTシャツと違い首回りがV字なので、すっきり見えるのもいいところです。
ボトムにはルーズ感を出すために、デニムパンツのスーパールーズをチョイス。トップのほど良いルーズ感と合わさって、飾りすぎずラフ過ぎないゾーンに、上手く収まってくれます。
そしてアウターには新入荷、両サイドのプリントが目を引く、プリントL/S Tee を。先ほどご紹介したNativeLogoTシャツの下に着込んでもいいのですが、今回はアウターとして推してみます。それも単に着るのではなく、羽織ってみてください。長い両袖を前で結べば、いつもと一味違う仕上がりになりますよ。他の長袖でもできるうえ簡単にイメチェンできるので、オススメです。

そして今回ご紹介したいのは、お弁当の定番「おにぎり」。
いや知ってるし、てかその辺で売ってるし、と言われてしまいそうですが、おにぎりは今やワールドワイド。サムライもニンジャも食べていたうえ、ベジタリアンもイスラム教徒もヴィーガンも食べられると、海外に専門店が出来るほどなのです。

作り方はみなさんご存知の通り簡単……でありながら、案外奥が深くもあります。
アツアツのご飯を軽く茶碗1杯、塩と水をつけた手のひらの上に置いて、真ん中に具を乗せてご飯で包んで、までは単純なのですが、問題はその先。
実はおにぎり、しっかりギュっと握りすぎてもダメなのです。
専門のかたに言わせると、理想は「外だけしっかり、中はふんわり」とのこと。だから力を入れてつぶすのではなく、うまく形を整えるように握るとおいしいのだとか。
雪国のかたなら、「雪合戦の玉を粉雪で作るように」と言ったほうが、わかりやすいかもしれません。

この力加減、わかってしまうととても簡単なので、ぜひトライしてみてください。
公園やハイキング、ちょっとしたアウトドアの時に持っていって、お友達や彼女にごちそうしてみましょう。評価アップ間違いなしですよ。

作るのはちょっと……というときは、街の「おにぎり専門店」を利用するのも手です。
東京・大塚の「ぼんご」や、浅草の「おにぎり浅草宿六」。北海道・札幌の「ありんこ」、京都の「青おにぎり」等の有名店から、地元の知る人ぞ知る美味しい店まで、なんでも全国に1000件近くあるのだとか。
お友達や彼女を誘って、ハイキング代わりに街に探索にでるのもアリですよ。

東京・大塚「おにぎりぼんご」
東京・浅草「おにぎり浅草宿六」
北海道・札幌「おにぎりのありんこ」
京都・左京区「青おにぎり」
おにぎりメディア「おにぎりJapan」
社団法人おにぎり協会

しのぎやすいいまの季節、夏の疲れを取り、冬に備えるにはもってこいです。
しっかり食べて軽く運動して、身体を鍛えてもいいかもしれませんね。
ではまた。

今週のコーディネイト【読書の秋! トラッドコーデでミステリーを】

本日10月1日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★
この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

お彼岸もすぎて、ようやく「涼しくなった」と言えるようになってきましたね。ここからはもう猛暑の心配もなく、だいぶ楽に過ごせるかな、と思います。
さわやかな秋晴れの日も増えてきて、何をするにもいい季節。お出かけにはもってこいです。
なので今回は、ちょっとトラッド風の秋コーデを考えてみました。

トップには、ショートスリーブのシャツをセレクト。Tシャツ素材でちょっと汗ばむ日も安心ですが、襟つきなので見た目はトラッド。ちょっとオシャレにキメたい日には、もってこいです。色もブラックなので、コーディネイトしやすいのもいいところです。
ボトムには、オーソドックスなデニムのハイブリーチを選んでみました。ここでスラックスしてもいいのですが、休日だと固すぎる印象になってしまいます。なのであえてデニムにして、カジュアル方向に崩してみました。
アウターには、着物スタイルのカーディガンをチョイス。イギリスの伯爵が作ったというだけあって、カーディガンはトラッドなスタイルにするにはもってこい。さっと羽織るだけでいわゆるカジュアルとは違う、デキる雰囲気を作り出してくれます。重ね着にも向いているので、クローゼットに1枚あると便利ですよ。

そして今回ご紹介したいのは、本屋。
「え、それどこにでもあるでしょ……」と言われてしまいそうですが、ご紹介したい本屋は一味違います。というのも、売っているものが「何の本かわからない」のです。
東京・池袋にある「梟書房」なのですが、この店では売っているすべての本にカバーがかかっていて、題名がわからないようになっています。そして題名の代わりに、すべての本に店員さんが書いた「推薦文」がついているのです。

例えばとある本の推薦文。
「美しい絵。
少女漫画の絵は、本当に美しい。どんな物語でも、この絵が説得力を作っている気がする。
そして、その非現実はホラーにも通じている。
文脈の中で読んでも、ただ独立して読んでも、どちらもおもしろい。
落ち着いた休日に読んでみてください。」
(https://oobablog.com/【おすすめ本屋】梟書房!本の題名が分からない/ より)

これを読むと、少女漫画らしい、というのは分かるのですが……。
答えは少女漫画の大御所、萩尾望都作の「訪問者」。
どの本もこういったミステリアスな推薦文がついていて、選ぶのにドキドキしてしまう仕掛けです。しかも2000冊も置かれているというのですから、推薦文を読むだけでも、1日ドキドキしていられそうです。

ちなみにそんな2000冊もチェックできないよ!という声に応えて、この本屋には「最初の24冊」というオススメ本もあります。ここから気になる推薦文のものを選んで読み始めれば、面白い本に出会える仕組みです。
しかもこの梟書房、カフェも併設。なかでもパンケーキがお勧めだそうです。

本好き読書好きの女性は多いので、何かの機会に誘って、一緒に行ってみてはどうでしょうか? 「あの本、なんだった?」と、カフェで休んでいる間も盛り上がると思いますよ。

▶【梟書房のホームページはここから】

さすがに猛暑の心配はなくなりましたが、代わりに朝晩は冷え込むようになってきました。気温差で体調を崩さないよう、どうぞお気を付けください。
ではまた。

今週のコーディネイト【お出かけの秋、芸術の秋!】

本日9月24日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★
この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

9月も下旬になって、ようやく涼しくなってきたかな、という気がします。
秋分の日も過ぎてほっと一息、これからは暑さを気にせずすむようになりそうです。
そして何にでも「〇〇の秋」とつくくらい、何をするにもいい季節。なのでちょっとだけオシャレ気分で出かけられるコーデを、考えてみました。

トップにはSperanzaオリジナルの、ポロシャツをセレクト。まだ日中は暑い日もありますが、このポロシャツはTシャツ素材なので、さらりと涼しく着られます。
ボトムには新入荷の、ZIPレギュラーデニムパンツをチョイス。フロント両サイドのポケットがジッパーになっていて、中の小物を落とすことがありません。見た目にもアクセントになっていて、シャツをインした時でもキマります。
そしてアウターには、セットアップジャケットのカーキを。トップとボトムはラフですが、こういったジャケットを羽織ると一気にフォーマルによるので、お出かけには最適です。ぜひクローゼットに1枚追加してみてください。

そして今回ご紹介したいのは芸術の秋らしく、アクセサリー作りです。
アクセサリーと言うとジュエリーとゴールドやシルバーの細工物を思い浮かべますが、実はこれ、ある程度は自作できます。ビーズ細工あたりは有名ですし、作っている女性も多いですね。

でもご紹介したいのは、シルバーのアクセサリーの方。実はこれ、案外簡単に作れるのです。
というのも近頃は「アートクレイシルバー(銀粘土)」というものが出来て、なんと自宅でシルバーアクセサリーが作れるようになりました。
作り方は簡単。アートクレイシルバーのキットを手に入れて、中に入っている銀入りの粘土を好きな形にして、網に乗せてガスコンロなどで焼くだけ。
これだけで、世界にひとつだけの、オリジナルアクセサリーの出来上がりです。タフな男物を作って自慢してもいいですし、繊細なものを作ってプレゼントするにもピッタリです。

自宅でひとりでやるにはちょっと自信が……という場合は、全国各地で開催されている、アクセサリー作りの体験教室はいかがでしょうか?
こちらはだいたい2時間~半日で材料もセットのうえ、講師がついて教えてくれるので安心です。教室によってはジュエリー付きのリングを作れたりするので、ひとりでやるよりいいかもしれません。
ぜひ彼女やお友達を誘って、手作りアクセサリーをプレゼントしてみてください。

▶【アートクレイシルバー公式サイトはここから】

▶【Stagio crucible(東京・渋谷)のホームページはここから】

▶【体験工房「和楽日(わらび)」(栃木・軽井沢)のホームページはここから】

▶【CHERRYBOAR(愛知・名古屋)のホームページはここから】

▶【アトリエ銀の糸(兵庫・西宮)のホームページはここから】

▶【AtlierAkanece(京都・西京区)のホームページはここから】

お彼岸が過ぎてようやく涼しくなりましたが、ホッとしたぶん、疲れも出やすい時期です。また夜はだいぶ涼しいので、うっかり風邪をひきやすいのもこの時期ですね。
しっかり充電して、体力をつけて過ごしていただければと思います。
ではまた。

今週のコーディネイト【秋の連休! 秋風コーデで甘いお出かけ?】

本日9月9日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

9月も半ばだというのに、まだ暑いですね。本当に涼しくなるのか、なんだか心配になってきます。
ただひと頃の酷暑はほぼ収まってきたようなので、そろそろ秋物を用意してもいいのかな、とも思います。
なので今回は前回に引き続き、季節先取り秋コーデということで考えてみました。

トップには、ブラックの地に白のロゴが冴える、SperanzaオリジナルのプリントTシャツをセレクト。もともと黒というのは締まって見える色ですが、大きすぎない文字がさらにクール差を引き立てます。
ボトムにはオーソドックスなビンテージカラーの、ストレートのデニムを。同じデニムでもこういうタイプは、カチッとした感じでスマートに見えるので、やはりクールな仕上がりになります。
そしてアウターには、新入荷&Speranzaオリジナルの、フランネルシャツをチョイス。グレーのシックなカラーが、秋らしさを感じさせます。袖を通さず羽織るだけでもいいですし、脱いで腰に巻いておいてもキマるので、持っていて損がありません。冬場にも暖かく着られるので、1枚あると便利ですよ。

話は変わりますが、今週の金曜は秋の彼岸の入り。家族とお墓参りに毎年行くというかたも、多いかもしれません。
そしてお彼岸と切っても切れないのが、伝統的な庶民の和菓子である「おはぎ」。春に作るものをぼたもち、秋に作るものをおはぎと呼ぶのですが、実はこれ、とても簡単に作れるのをご存知でしょうか? 

1. 炊飯器でもち米を炊く(ふつうのご飯と同じ要領で何とかなります)
2. 麺棒などで、炊けたご飯を軽くつぶす
3. 軽く一握り手に取って丸める(手を水で濡らしておくと楽です)
4. ご飯と同じくらいの餡子で、3で丸めたご飯を包む

たったこれだけで、手作りおはぎの出来上がり。餡子はスーパーで売っている、市販のもので大丈夫です。
ただ気を付けなければいけないのが、餡子には「つぶ餡派」と「こし餡派」がいること。
食べてもらいたい相手がどちら派か事前にリサーチするか、両方作っておくのが、いちばんスマートかなと思います。

リサーチとかムリ!という場合は、いっそ餡子をやめて、砂糖を混ぜたきな粉やうぐいす粉(青きな粉)にする裏技も。
お皿に砂糖を混ぜた粉を広げて、丸めたもち米を転がせば、全体にまんべんなくつけられます。特にうぐいす粉はきれいな薄緑に仕上がるので、簡単なのに豪華に見えますよ。
これをお弁当用のアルミカップに入れれば、見た目がさらにランクアップ。ぜひお友達や彼女にごちそうして、株を上げてくださいね。

そろそろ年度も後半戦目前、いろいろと忙しくなってくる頃かと思います。
夏の疲れもある中、無理をして体調など崩さないよう、どうぞお気を付けください。
ではまた。

今週のコーディネイト【3連休! 秋コーデで爽快感を楽しもう】

本日9月2日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

9月になっても、まだ残暑が厳しいですね。
「暑さ寒さも彼岸まで」と昔の人は言いましたが、ここはもう少し早くてもいいんじゃないかなと、照り付ける日差しを見上げながら思います。
とはいえ、シルバーウィークは目前。今年は残念ながら大型連休にはなりませんでしたが、3連休は2回も。手軽にどこへ行くか、計画を立てているかたも多いかと思います。
ですので今回は、秋を先取りしながら自然の中へ出かけられるようなコーデを考えてみました。

トップスには新入荷かつSperanzaオリジナルの、プリントTシャツをセレクト。ぱっと見トレーナーっぽいのですが、綿100%の着やすいTシャツです。マットなブラックといい、ちょっと動いた際に見えるサイドのロゴといい、他では見られないアイテム。1枚あるとこれからの季節、何かと便利ですよ。
アウターには、大きくスクウェアがプリントされたオーバーサイズのTシャツをチョイス。黒のTシャツの上に白のオーバーサイズなので、すっきりした感じで着こなせます。暑くなったら脱ぐこともできるので、朝晩と昼間で気温差が大きい、秋口にはもってこいです。
そしてボトムには、ルーズスタイルのデニムパンツを。このくらいのゆるさだと、どんな動きにもついてきて、窮屈さを感じさせません。アウトドアにもバッチリですよ。
加えて今回は、Speranzaオリジナルのロゴネックレスもご紹介。着こなしがシンプルな場合は、アクセサリーを足して差をつけるのがオシャレの王道です。ただあまりゴテゴテしたものだとヘンに浮くので、アクセサリーもシンプルがベスト。その点このネックレスは存在感がありつつもシンプルなので、使いやすさ抜群です。

そして今回ご紹介したいのが、〝ジップライン〟。
名前だけ聞いたら「なにそれ?」と思いますが、要するに木々の間などに丈夫なワイヤーロープを張り、滑車にぶら下がって一気に反対側へ滑って渡っていく、アスレチックでは子供たちに大人気のアレです。いわばロープウェーの人間版ですね。
実はこれ、独立したアクティビティになっていて、日本全国あちこちに大型の物が存在します。

例えば千葉県の「FOREST ADVENTURE TARZANIA」は全長455m、1回に滑る距離では国内最長クラス。しかも2つのラインが並走しているので、カップルで同時スタートが可能です。長いのに、1回当たりの料金は1500円と安めなのもいいところ。日帰りの旅行ついでに楽しめそうです。

逆に福井県の斑尾高原にある「ツリーピクニックアドベンチャー・いけだ」は、夜間走行のナイトライダーまで備えた本格派。片道約500m、往復で1kmを超える距離を一気に滑ります。場所も森の上なのでスリル抜群、やはり2ラインあるのでカップルで楽しむにはもってこい。場所柄、1泊するのがお勧めです。

意外なのが、長崎県のハウステンボス。園内にジップラインがあり、1日パスで入ってしまえば何度もトライできるとのこと。園の上空を滑って行ったら、まさに気分は鳥ですね。
他にもたくさんのイベントやアトラクションがあるので、飽きることもありません。

そして期間限定の穴場ジップラインが、サンシャインシティビルの屋上にできた、「天空のジップライン」。長さは18mと短いのですが、東京を空から手放しで見下ろせます。こちらは9月23日までなので、急いだほうがいいかもしれません。
他にもジップラインは続々オープンしているので、ぜひお近くの施設を探してみてください。
秋の最初の3連休、手軽に爽快感を味わえると思います。

▶【FOREST ADVENTURE TARZANIAのホームページはここから】
▶【ツリーピクニックアドベンチャー・いけだのホームページはここから】
▶【ハウステンボスのホームページはここから】
▶【サンシャインシティ「天空のジップライン」 のホームページはここから】

35度を超える酷暑はなくなってきましたが、まだ暑いうえに夏の疲れも出るころです。
無理をして体調を崩さないよう、どうぞお身体にお気を付けください。
ではまた。

今週のコーディネイト【秋はまだ先? クールカジュアルなコーデでGO!】

本日8月26日18時から明日の23時59分まで下記のアイテムを割引き価格にて販売いたします★この記事を読んで、もし良いなと思ったアイテムが一つでもありましたら、下記のリンクからページを覗くだけでも良いので遊びにきてください。

8月も最終週、そろそろ夏休みも終わりの時期ですが、暑さの終わりはなかなか見えません。
このまま9月になっても暑いのかと思うと、ちょっとため息をつきたくなってしまいます。
とはいえ、言っても涼しくならないのは確か。なので今回は、見た目も着心地も軽く涼しい、カジュアルなコーデを目指してみました。

トップスは以前もご紹介したことのある、ジレ(ベスト)がプリントされたTシャツをセレクト。素材はもちろん柔らかい綿のTシャツ素材ですが、プリントのおかげでいわゆるTシャツには見えません。それでいて汗も吸ううえ1枚でキマるので、こういう季節にはもってこいです。
ボトムには、ハイブリーチが涼しげなストレートデニムをチョイス。ジレのようなかっちりしたものには、やはりかっちりしたスラックスを合わせることが多いのですが、今回はあえてデニムと合わせて、ギャップを狙ってみました。いわゆる「よそ行き」にはなりませんが、カジュアルに出かけるならこのほうが面白いです。
そしてもう一つオススメしたいのが、メトロハット。こういった小物は使い方が……という方も多いでしょうが、シンプルな夏こそ出番です。いつもと変わらないコーデでも、小物一つでぐっと印象が変わりますよ。特に夏は日差しもキツいので、こういった帽子類は便利です。いくつか集めて、気分で変えてもいいかもしれません。

ただここまでファッションで頑張っても、暑いものは暑いですよね。そろそろ酷暑も1ヶ月に及ぶので、夏バテも心配な時期です。
というわけで、今回は「簡単にできる夏バテ対策」を集めてみました。

夏バテの原因は昔は単に暑さでしたが、現代は原因がやや複雑です。そもそも冷房が普及している昨今、涼しいところにいるのになぜ夏バテ?と、思う方もいらっしゃるかもしれません。
ただ実は、その冷房がクセモノ。と言ってもひと昔前の冷やしすぎによるクーラー病は、クールビズや節電の効果もあって、最近少し減ってきたようです。が、今度は外気温との差が問題になってきました。
何しろ昔と違い、外は35度を軽くオーバー。室内を28度と高めに設定しても、気温差は時に10度にもなります。一方で人間は、夏場は気温差が5度以内のほうがいいとのこと。この理想と現実との差が、現代の夏バテを引き起こすのだそうです。

その対策はずばり、身体を温める。「え、この暑いのに?」と思ってしまいますが、つい冷たいものを食べたりクーラーの中に居たりで、案外身体の芯は冷えているとのこと。なのでここを温めると、代謝も上がって身体が元気になってきます。
中でもとっても簡単でオススメなのが、なんと「味噌汁」! 言わずと知れた日本の伝統食ですが、栄養と夏場に必要な塩分が入っているうえ身体を中から温めるので、食事の時にプラスするといいんだそうです。
ちなみに手軽なインスタントでも構いませんが、美味しく作るのも実は簡単。鍋に水を入れ、通常の顆粒だしに「昆布の顆粒だし」(スーパーで売っています)をプラスして、乾燥ワカメを入れるだけ。あとは味を見ながら味噌を溶かしていけば、びっくりするほど美味しくできますよ。
お友達や彼女に作ってあげたら、高得点確実です。簡単なので、ぜひ試してみてください。

暑さの終わりがさっぱり見えませんが、その暑さに負けてもいられません。
しっかり栄養を取ったうえで身体を冷やしすぎないよう、どうぞお気を付けください。
ではまた。